2011年05月20日

「空飛ぶタイヤ」

これは面白かったです。
時間が経つのも忘れて一気読みでした。

「空飛ぶタイヤ」は、三菱ふそうのタイヤ脱落事故やリコール隠しが下敷きになったフィクションです。
だから物語の行き着く先はわかるし、主人公が苦悩することも前提になってます。
それでも、すごーく面白い。

企業内部のあれこれ、銀行の動きなど、細かく書かれていることは大きい。
著者の銀行小説などもそうですが、こういった部分だけでも充分面白い。

ですが、最終的には、追い込まれてもめげず、正義を戦って勝ち取るという、主人公の生き方に共感できるから、こんなに面白いと感じるのだと思います。
こうあって欲しい、という部分が満たされるとでも言いますか。

一方、同じような人が大企業に入社し、何年もその中で過ごすうちに変わっていく。
そのエリートサラリーマンの描かれ方も面白かった。
こちらはそう深く掘り下げてあるわけじゃないですが、やはり苦悩はある。

例えば、電車の中で痴漢を見つけたら、助けるのはいっぱい乗っている良い背広を着た人でなく、外国人やスポーツコートのおっちゃん。
階段で転げ落ちそうになっている人に、自分の危ないのも省みずに手を差し伸べるのは、ガテン系のおにいさんだし、花火大会で幼児が人混みにつぶされそうになっている時、バリケードを作って保護しているのは、ガングロの女の子。

そういう場面にたびたび出くわすと、やはり何だか考えてしまいます。
賢い人は計算するし、危うきに近寄らない。
そういう人ばかりでもないとは思いますが。

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)
池井戸 潤

講談社 2009-09-15
売り上げランキング : 8112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


同じようなテイストで読める「下町ロケット」。
こっちも面白かった。
タイトルが示すとおりの爽快な小説です。

高い技術力を持ち、堅実な経営をしていながらも、大企業の下請けという立場の弱さから、倒産寸前に陥ってしまう。
資金繰りや、特許を巡る大企業との攻防はいつもながらの面白さですが、胸に迫ってくるのは、夢と現実の狭間で、自分の生き方を問う主人公の姿。

手が届くかもしれない夢が目の前にあり、それを選べば犠牲になるかもしれない重い現実もまた目の前にある。
夢のある話を堪能しつつ、仕事って何だろう?、働くってどういうことだろう?と考えずにはおれない一冊です。

下町ロケット下町ロケット
池井戸 潤

小学館 2010-11-24
売り上げランキング : 7820

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:池井戸潤
posted by 八朔 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他の小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

「検察側の証人」

久々のクリスティでした。
中学時代に凝って読み漁り、その反動で「もういいや」と言うウン十年を過ごしたのですが、短編はほとんど読んでいなかったのでした。
ミステリは長編(できれば重厚な)が好みなので、短編にはあまり手がのびないのです。

この短編集は、ミステリと言っても幻想的な話が多く、そのほとんどに精神病医や学者が出てきます。
幻想的な物話は、ちょっと的をはずしたなと感じることもしばしばなので、実はあまり期待せずに読み始めました。

しかし、面白いものは面白い。
あらためてクリスティの凄さを実感です。
話によっては、なんだか萩尾望都を思い出すような雰囲気のものもあったりして、ちょっと顔がにやけました。

タイトルを見るとすぐに内容が思い出せるような、味わい深いものばかり12編。
古い時代に書かれた本を読むと感じることが多いのですが、文章に無駄がないというか、さくさくしていて、けれども充分。短編だからでもあるでしょうが、だれることのない読書も久し振りだと言う感じがしました。

幻想的なものばかりではなく、本格的な謎解きものも入っています。
おすすめです。

検察側の証人 (創元推理文庫)検察側の証人 (創元推理文庫)
アガサ クリスティ Agatha Christie

東京創元社 2004-01
売り上げランキング : 448080

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「コッツウォルズでティールーム」― イギリスのお菓子に出合う

英国人が「こころのふるさと」と呼ぶ憧れのコッツウォルズで、ティールームを開いた著者が、その経緯や想いをレシピとともに綴った本です。

ティールームを開業するまでの話は、正直なところ特に惹かれるところはありませんでした。
けれど、コッツウォルズで暮らす地元の人たちとの交流を通しての部分、イギリス人が大切にしていることや、彼らにとってのお茶がどういったものなのかなどは、しみじみとしていて、わりと面白く読めました。

一番好きなのは、父と息子がお茶を飲む、というシーンが書かれているところ。
ただふたりでお茶を飲む。特別な会話もわくわくするイベントもおもちゃもゲームもないけれど、満ち足りた時間。
こういう時間を持つことができるって、良いなぁと。

印象的だったのは、現地の農家、ゲーリーさんが著者に語る言葉です。
「大地に敬意を」
「互いが互いを必要とする、その自然の掟を無視してはだめ」

世界一といわれる羊毛がコッツウォルズに富をもたらし、中世の裕福な商人達の富の証がこの町並みなのだと。羊の世話をすることが土地を守り、ゆくゆくは環境保護にもつながる。土地を健康にすることが何よりも大切なのだ。
という話なのですが、この素晴らしい循環は羨ましいというか、さすがというか、日本の田舎も(すでにやっておられるところもあるでしょうが)真似して、美しい日本をもっと残してほしい、と思ってしまいました。

お菓子のレシピも(写真も)載っています。
定番といわれるようなお菓子を、コルドン・ブルーで学んだ日本人である著者が作ったレシピですので、ちょっと興味深々。
英国一のティールームに選ばれた著者のお店のお菓子ですから、英国人も美味しいと感じているのですよね。休日にでもお菓子を作って、お茶を楽しみたいと思います。

コッツウォルズそのものや英国でティールームを開業する云々、という面では物足りないと思いますが、ちょっとしたエピソード付きのお菓子のレシピ集、という位置づけなら、まぁまぁの本ではないかと思います。

コッツウォルズでティールーム―イギリスのお菓子に出合うコッツウォルズでティールーム―イギリスのお菓子に出合う
宮脇 樹里

文化出版局 2008-11
売り上げランキング : 184631

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ:宮脇樹里

2010年03月23日

「獣の奏者」− (3)探求編・(4)完結編

続巻が出ていたとは知りませんでした。
この世界を知ってしまったからには、これは読まずにおれません。

確かに、その後エリンたちはどうしているんだろう?と気になっていたけれど、話としては2巻までで見事に完結していたのですよね。
そういう意味では、この後発の(3)と(4)は微妙な感じがあります。
まぁ、好みから行けば、断然前半2冊の方が好きだったかな。
それでもこの世界の住人としては、充分に楽しませていただきました。

母になったエリンと家族の愛、兵器として用いられる野生動物と、軍事的抑止力の在り方、また国の在り方など、テーマは深いところに突き刺さっています。
テーマの深さを思うと、続篇2巻で終わらせるより、もっと少しずつの発表でいいから、じっくり書き込んで欲しかった。

大人でも楽しめる内容だけど、これは括りで言えば児童文学なのですよね。だとすれば、子供たちが読んで考えるには、非常に有意義だろうなぁなどと思いました。
「国」と言うものは、なんだか捉えにくいように思うし、その国と国とが争う理由や争い方などを、客観的に視て考えるという経験ができるのは、非常に良いことではないかと。
自分自身を振り返ると、なんだかボーっと過ごしてたなぁと思わざるを得ませんが・・・。

獣の奏者 (3)探求編獣の奏者 (3)探求編

講談社 2009-08-11
売り上げランキング : 690
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

獣の奏者 (4)完結編獣の奏者 (4)完結編

講談社 2009-08-11
売り上げランキング : 643
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:上橋菜穂子

2010年03月14日

「ハチはなぜ大量死したのか」

ミツバチの、大量死(大量失踪)の謎を追うノンフィクションです。
が、謎解きにとどまらない面白さでした。
行き着く先が非常に興味深いのです。

まず、養蜂家がハチの大量失踪に気付くところで幕が上がります。
その後、日ごろ私たちが、どんなにミツバチにお世話になってるかを知り、ミツバチの生態を知り、人に利用されるようになったハチたちの様子、利用する商業養蜂の様子など、順を追って知ることになります。
そして、ありとあらゆる"犯人"が出てくるものの、決定的な証拠は挙がらない。

けれど、ミステリ小説ではありませんから、オチは要らないのです。謎を追うことから、人間の営みを振り返り、掘り起こして辿り着くのは、今の世の中のイビツさ。
バランスや多様性は、環境問題を考える上で大切な要素だと思いますが、私たちが便利に効率よく生きるために、今までなしてきたこと・・・、それを思うと、ちょっと背筋が寒くなる。そんな内容の本なのです。

ミツバチ、私は蜂蜜とかプロポリスとか、そういう生産物しか連想しなかったのですが、受粉という大きな仕事があったのですね。そして、勤勉なミツバチがいなければ立ち行かない農業のあり方が、現代農業の姿でもあるのですね。
正直なところ、受粉作業をハチに頼っている生産形態があること自体、私には驚きでした。人工授粉してるんだろうぐらいに思ってた。
ハチでなければならない理由があるからハチなのですが、自然の摂理に逆らった方法を、自然界で生きる物に頼っている。そこに生じたゆがみは、一見問題ないように見えていても、実は根が深いのだと、本書を読み進みつつ、じわじわと感じることになりました。

環境問題を経済という視点で見ると、対症療法的な解決策では片付かない、根深い問題が見えてきます。
大規模農業の問題については、丸元淑生さん著の「何を食べるべきか」にも出てきますが、ハチに限らず、世界全体で起こっていることは、経済効率を優先させるために無視してきた、または気付かなかったあれやこれやが、臨界点に達しているということなんでしょうか?

原題は「Fruitless Fall」。「実りなき秋」ですが、これはきっと、わざとカーソンの「沈黙の春」を意識してつけられたのでしょうね。

ハチはなぜ大量死したのかハチはなぜ大量死したのか
中里 京子

文藝春秋 2009-01-27
売り上げランキング : 6854
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年01月25日

「古今東西 − 陶磁器の修理うけおいます」

金継ぎの本を選んでいて、ふと手に取った本書、拾い物でした。
実際に骨董が趣味で、どうしても金継ぎを習いたいと切磋琢磨し、とうとう生業にしてしまった著者の、骨董との出会いから開業までが、軽妙な語り口で綴られています。

骨董や金継ぎに興味がなくても面白く読めると思います。
私のような、全くこの世界のことは無知だけれども、少し事情を知りたい、という者の入り口としては、なかなかバッチリな本でした。
面白おかしく語られるエピソードを読み進むうち、金継ぎの世界がどんな風なのか、すんなりと入ってくるのです。
また、西洋と日本との、陶磁器に対する感覚の違い、そこから来る修理方法の違い、ちょっとした豆知識など、雑学的興味も満たされます。
パワフルな著者の、金継ぎへの熱い思いを感じつつ、楽しく有意義な読書となりました。

古今東西―陶磁器の修理うけおいます古今東西―陶磁器の修理うけおいます
金子 しずか

中央公論新社 2002-04
売り上げランキング : 98168
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:甲斐美都里
posted by 八朔 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ・対談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ノーフォールト」

現役医師が書いた医療サスペンスということですが、医療の現場で起きている問題を扱ったリアリティあふれる小説でした。

正直なところ、小説としての出来はさすがに△かな?とも思うのですが、それでもページをめくる手が止まりませんでした。登場人物やストーリーそのものよりも、著者が訴えようとしている、日本の医療の現状が生々しく迫ってきて、息苦しいほどなのです。
医療用語もたくさん出てきますが、わかりやすくてテンポも良いので、そういう面では非常によく書かれていると思いました。

医師が不足したり、必要な病院が閉鎖になってしまう現状は、これは国の政策の責任だろうと思うし、そんな中で過酷な労働条件を強いられている医療関係者はほんとに気の毒だと思います。

同時に、医療過誤のニュースなど見ると、ほんとのところはどうなんだろう?という疑問も湧く。
本書のタイトル「ノーフォールト」、何のことやらわからずにいましたが、ミスではないのだ、力を尽くしたがだめだったのだ、ということなのですね。
患者としては、たまたま下手な医者にかかってしまった、なんてことになったら、泣くに泣けない。しかし優秀な医師であったとしても、"どこからが過失なのか"の判断は、非常に難しいと思われる。
著者が書かれているように、「無過失補償制度」は何としても必要だと感じました。
そういう現状を知ることができた、という意味でも、本書を読む価値は120%ありました。

ノーフォールトノーフォールト

早川書房 2007-04-18
売り上げランキング : 31722
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:岡井崇

2010年01月24日

「竜馬がゆく」

大河ドラマを見ているうちに、つい読みたくなって再読。
最初に読んだのは20才前後でした。当時はただただ面白くて、熱に酔い時代に酔いましたが、今回は、龍馬の"不思議さ"が一番印象に残りました。

生れ落ちたのが、上士と下士の差が激しい土佐だった、生家はコテコテの武家でなく元は商家だった、勝海舟に出会った、などなど、いろんな要素はあるにしても、こんなに常識の枠の外を行くような人が出来上がるものだろうか?
いややはり、もって生まれた何か特別なものなのだとしか思えない。でも、そう考えるのは簡単すぎて、何だか勿体ないとでも言うか・・・。

何かテーマを決めて100人に企画を考えさせると、80人は似たようなものを出すそうです。では残り20人の中に、龍馬のような人がいるか?というと、まずいないと思われるのです。

文庫のあとがきに著者が書いておられる、龍馬が手帳に書き残したという言葉が興味深いです。
"薄情、不人情の道を忘れるな"、とか、"人がみな善を行うなら自分は悪をなせ"、など、懸命に悪人であろうとしている。
なんだか若者らしくもあるけれど、生来やさしく可愛らしい人だったのだろうと想像せずにおれません。

この物語は、大雑把に言えば青春物ですが、その熱と爽やかさ、時代の迫力を抜きにしても非常に刺激的でした。視点や発想について、感情と行動について、ガラにもなく考えてしまいます。

竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)

文藝春秋 1998-09-10
売り上げランキング : 87
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:司馬遼太郎
posted by 八朔 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

「スカーペッタ」

"検屍官シリーズ"最新刊、やっぱり買ってしまいました。
前巻やその前の巻ほどは悪くなかったような。
それでも、シリーズ前半のような面白さは感じられなくて残念でした。
翻訳が変わっているのはなぜだろう?
今回の訳者も好きですが、前の訳者に特に不満はなかったし、好きでもあったので微妙に残念。

今回のケイ・スカーペッタは、なんだか今までと違う人物のような印象が残りました。少し前から妙におとなしめになっているけれど、今回もあまり存在感がないのです。全作同様、スカーペッタ自身が"戦う"シーンがないからでしょうか。
著者の得意とする(と私は勝手に思っている)人と人との、欲や愛憎の絡んだ打々発止の展開もあまりなく、もちろんそこにスカーペッタは登場せず、このシリーズらしさは「登場人物が同じだから」、ぐらいしか感じられませんでした。
彼らがまたよりをもどして(?)一緒に事件にあたるところは、大いに安心もし、ファンとしては嬉しいのだけれど。

スカーペッタ〈上〉 (講談社文庫)スカーペッタ〈上〉 (講談社文庫)
Patricia Cornwell

講談社 2009-12-15
売り上げランキング : 187
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010年01月08日

「リンゴが教えてくれたこと」

木村秋則さんの本を、やっとやっと読みました。
まずは「奇跡のリンゴ」、そして「リンゴが教えてくれたこと」の2冊です。

テレビでよくやっているので、木村さんが何をなし、どういう人であるのかはだいたいわかっていました。
「奇跡の〜」の表紙にもなっている"笑顔"を見ると、なんとも暖かい気持ちになれますが、きっとお会いするとその魅力に引き込まれてしまうのでしょうね。
「奇跡のリンゴ」の方は、書いた側の木村さんに対するそういう思いもあふれているのです。

今でこそ無農薬や自然栽培も理解されるようになってきましたが、あのバブル時代に極貧の生活をしつつ、よく諦めずに続けられたものだと、知っていても驚きでした。
その無謀ともとれる挑戦を、家族が許してくれたこともすごい。木村さんだけでなく、この家族のみんなが、胆力のあるというか、とんでもなくすごい人たちなのではないかと思いました。
そうさせる力が元々木村さんにあったんだろうけれど、自己主張の裏にあるのは我欲、という人が多い中、これは感動的です。

「リンゴが教えてくれたこと」の方には、リンゴだけでなく、稲や野菜を育てたり、虫たちを観察してわかったことなどが詳しく書かれています。そのひとつひとつが、とっても面白い。
きゅうりの蔓が指に巻き付くかどうか、などというくだりは、もうやってみたくてたまらなくなりました。

こんなに研究してて、学者も知らないようなことに気付いていて、それを惜しげもなく教えてくれる。そして木村さん自身は、もっとずっと遠いところを見ている。これは影響されます。
自然であることと、自然栽培をすることは違うし、農業が職業として成り立たなければ意味がないわけですが、今後、少しずつ変わっていくであろう日本の農業がどんな風になるのか、興味深々になってきました。

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

幻冬舎 2008-07
売り上げランキング : 832
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

リンゴが教えてくれたこと (日経プレミアシリーズ 46)リンゴが教えてくれたこと (日経プレミアシリーズ 46)

日本経済新聞出版社 2009-05-09
売り上げランキング : 967
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:木村秋則
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。