2007年04月29日

「シーラという子」

この手の問題は興味があるのに、なぜか食わず嫌いしていたこのシリーズ。
読んで良かったです。"生"の姿が書かれていました。

「シーラという子」の続篇にあたる、「タイガーと呼ばれた子」も続けて読みましたが、さらに興味深かった。
この2冊の間には、時間にしても15年の隔たりがあるのですが、「タイガー〜」が書かれたことは、とても意義があると思いました。
「シーラ〜」だけでも、確かに面白い。けれど、そこで終わらない現実を明らかにしてくれたことで、もっと深い部分を知ることができた。

私は当初、そうでないならいいが、と思いつつも、「タイガー〜」の内容はもっと悲惨なのではないかと想像していました。6年間の中のほんの数ヶ月間が、虐待された少女の人生にどのくらい影響をあたえるのか、多少懐疑的でもあったからです。

けれど、著者もシーラも、立ち向かっていくのですね。
虐待から逃れることはできても、傷つき破壊された内面の問題は一生ついてまわるはず。それでもなんとか自分に価値を見出そうとしている。

著者が、特に「シーラ〜」の中でたびたび書いている「子供たちは勇敢だ」という表現がとても印象的でした。
自分のせいではない障害を抱えながら、恐怖や混沌に立ち向かう姿は、野生動物と同じように美しい。

こういう現場を取材して書かれたものや、専門家が学術的に著した本も面白いものがたくさんあると思いますが、本書はそれを凌駕する力があると感じました。
平明な文章の奥に、著者の経験と勘に裏打ちされた、本質を見抜く目があるからだと思います。

<トリイ・へイデン文庫>シーラという子--虐待されたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB)
<トリイ・へイデン文庫>シーラという子--虐待されたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB)入江 真佐子

おすすめ平均
stars小説のよう
stars障害児教育って
starsこんな先生がいれば・・・
stars生きるという事を教えてくれます!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

<トリイ・へイデン文庫>タイガーと呼ばれた子--愛に飢えたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB)
<トリイ・へイデン文庫>タイガーと呼ばれた子--愛に飢えたある少女の物語 (ハヤカワ文庫 HB)入江 真佐子

おすすめ平均
stars愛しい
starsトリイの自己治療の物語として
stars「シーラという子」を読んでから読んでほしい
stars強い女性

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年04月21日

「バラの誕生」

紀元前から、人々はバラに狂っていたんですね。
バラの歴史や分類は、栽培本などにも簡単に載っているので、なるほど〜、と思ってはいたけど、大して気にも留めてなかった。
まぁ今でもそうだけど、この本は面白かった。
現在のように多くの園芸品種が登場したのは、ほんとに最近のことなのだと改めて実感しました。

バラの歴史と、その時々でバラに深く関わって歴史を作った人々、ギリシアやローマ時代のバラ、植物学、花譜、野生バラ、そしてバラの現在と未来。
盛りだくさんで充実した内容なのに、平易に書かれていて読みやすいのです。
これは読んで良かった。
図書館で借りたのだけど、買って手元に欲しい一冊です。

絵が綺麗だから欲しくてたまらなかったルドゥテも、彼の果たした役割をはじめて知りました。
そしてもーっとルドゥテの図譜が欲しくなりました。

バラの誕生―技術と文化の高貴なる結合
バラの誕生―技術と文化の高貴なる結合大場 秀章

おすすめ平均
stars薔薇の科学と美学と...

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2007年04月05日

「死亡推定時刻」

現役の法律家が、冤罪事件をノンフィクションばりに書いた小説、ということで読んでみました。

思えば、現場や死体の検分の様子は、ミステリにはよく出てくるシーンとは言え、日本の小説で、ここまで詳細に書かれたものは読んだことがなかった。

いちばんびっくりしたのは、死体検分を、警察本部の車庫の床にビニールシートを敷いて行う、という部分でした。
私はまた、病院のようなそれなりの施設があって、そこで死体検分から、必要なら解剖も行うのかと思っていたのですが、そういうものではないのですね・・・。

容疑者となった男が連行される様子やその家族にふりかかる"被害"、事務的に仕事を処理するだけで、まるで弁護はしない弁護士、組織に忠実であるが故に事実を曲げてしまう捜査員、などなど、背筋が寒くなるような実態が描かれていてます。もしこれが現実だとしたら、と思うと、寒いどころではありませんでした。

著者はあとがきで、「作者としては、ドキュメンタリーあるいはリポートと呼びたい気持ちがある」と述べています。これは小説だが、細部は現実だと。
これは全くのフィクションです。と言って欲しかったよ〜。
けれど、日本の警察や法律家の現実を垣間見れたのだったら、読んだ甲斐がありました。

死亡推定時刻
死亡推定時刻朔立木

おすすめ平均
starsウワサに違わぬ面白さ
stars冤罪の作り方。
stars冤罪づくしの内容。
stars途中で止められなくなりました
starsまるでノンフィクションのような話

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:朔立木

「ミニ盆栽と苔玉」 − 失敗しない育て方

似たような本を2冊も持っているけど、この本1冊でOKと思える内容でした。
この装丁、内容で1050円は安い。

中でも特に面白かったのは、盆栽歴ウン十年のおばあさんが作る豆盆栽の記事。なんと、挿し木の段階で曲付けするんですよ!
目からウロコ。ぜひやってみたいです。

ミニ盆栽と苔玉―失敗しない育て方
ミニ盆栽と苔玉―失敗しない育て方
おすすめ平均
starsこの本1册で十分。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何かわからないことがあったら、いつもパラパラ捲っているのは、↓の「図解 群境介のミニ盆栽コツのコツ」です。
写真がないのでわかりにくいかと思いきや、詳細な図で、写真よりよっぽどわかりやすい。入門編としては、非常に役に立つ必須の1冊だと思います。

つい衝動買いしたミニ盆栽、水はやっているけど、伸びてきちゃった。で、どうしたらいいの?、どこで切ったらいいの?という難関にぶつかると思うのですが、本書をパラパラすれば、なんとなく、あ、そういう風なのね、と。
もちろん、本書を読んだからといって、すぐに上手な盆栽ができるわけではないけれど、とりあえず何をどうすべきかはわかります。
ミニ盆栽の本ではありますが、樹種の特徴は盆栽以外の園芸でも同じことですから、参考になります。

図解 群境介のミニ盆栽コツのコツ
図解 群境介のミニ盆栽コツのコツ群 境介

おすすめ平均
stars盆栽入門最適書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。