2008年09月30日

「リスボンの小さな死」

1999年の、英国推理作家協会賞受賞作です。

たまたま、「タンゴステップ」、「獣たちの庭園」、そして本書と、ナチスを扱ったミステリを続けて読むことになりました。暗く、暴力と策謀が渦巻く時代から、何を立ち上がらせ、表現するかは作家によるけど、まさに三者三様でした。

本書は、1941年、第二次世界大戦時にナチスによってポルトガルへ送り込まれ、タングステンの買い付けに奔走する有能な事業家の運命と、1990年代の、暖かく美しいリスボンで起きた少女の殺人を、半世紀の時間を行きつ戻りつしながら結びつける、ミステリと言うよりは歴史小説といった味わいの作品でした。

ある時代に解き放たれてしまった狂気と、そこから生じる憎しみが連鎖して、一見平和に見える現代のリスボンに噴出する。けれど、それはまぶしい陽光で見えなかっただけの、リスボンの影の部分であるという感触が、なんとも背筋を寒くさせます。

著者の作品を読んだのは、「セビーリャの冷たい目」に続いて2作目ですが、正直なところ、面白かったのかどうか自分でもよくわかりません。けれど、印象的だったことでは群を抜いていて、映画を観たような感じで覚えているのです。

ポルトガルという、70年代まで独裁政権を持ち続けていた国、ヨーロッパだけれども、アフリカやブラジルの香りもする国に、行ってみたくなります。

リスボンの小さな死〈上〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)リスボンの小さな死〈上〉 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
Robert Wilson 田村 義進

早川書房 2000-09
売り上げランキング : 590461
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2008年09月29日

「空色勾玉」

ファンタジー初心者なので、評判の良い本をと思い、手に取りました。
そうか、こういう物語だったのか。
こんなに恋愛の要素が強い話だとは思っていなかったので、ちょっとびっくりしました。児童文学と言うよりはロマンス小説のような感じで、思春期の子供、特に女の子が対象なのでは、と感じました。
もともと神話は、人間臭い神々の話という印象があるし、よいマッチングなのかも知れません。

印象的だったのは、キャラクター作りのうまさです。
お転婆で元気で無垢な主人公、美しい光の一族、人間味あふれる闇の一族。文章でかかれていても、まるで漫画を読んでいるようでした。そういった要素が、日本の神話を下敷きに、和歌など挿入されつつ書かれているわけですから、コアなファンができるのもわかる気がします。

神の子である光の一族は、不死であるがために、命を命とも思わない無邪気な残酷さをもって、死など不浄を象徴する闇の一族は、暖かく人情味をもって描かれています。逆転のようなこの描かれ方は、なかなか面白かった。
そしてこの光と闇が覇権を争う中、少年と少女は、使命や運命を背負いながらも、何よりも自分の大切な人にひと目会いたいと思い、行動するのですね。
まぁ、それは真理だよなぁと、なんだか妙に納得したのでした。

空色勾玉空色勾玉
荻原 規子

徳間書店 1996-07
売り上げランキング : 122071
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:荻原規子

2008年09月28日

「獣たちの庭園」

「リンカーン・ライム」シリーズが人気の、ジェフリー・ディーバーの単発ものです。
短編集を読んだことがあるけど、ライムもの以外の長編は初めてでした。

最初はやや戸惑いましたが、登場人物や設定に慣れてくると、あとは一気読みでした。
1936年、国家の威信をかけたオリンピックを開催し、来るべき戦争を見据えて、再軍備していた頃のドイツが舞台です。

ヒトラー政権下のドイツを、ジェットコースター式小説の中でどう表現するのか、読みつつこちらが考えてしまいました。街のあらゆる場所に、物理的にも心理的にも傷跡があって、それを説明することでナチス政権下の重苦しさを出そうとしているかのようで、やや読みにくいのです。

この本は、650ページほどの文庫なので、それなりのボリュームですが、私の好みから言うと、主人公の過去やドイツの反政権分子の生活、アメリカの対応をもっと書き込んで読ませて欲しかったかな。
主人公が最後にとる行動が、非常にかっこ良く、かつ悲しいので、ちょっともったいない気がしました。
とは言え、背景の複雑さや、登場人物の多さを思うと、さすがディーバーという面白さではありました。

獣たちの庭園 (文春文庫)獣たちの庭園 (文春文庫)
土屋 晃

文藝春秋 2005-09-02
売り上げランキング : 62725
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2008年09月27日

「月の森に、カミよ眠れ」

1991年に出された、上橋菜穂子の2作目です。
古代の日本がベースになっているようなので、読んでみたかった。

守り人シリーズや、獣の奏者などのように、物語がぐわわーと流れていく感じではないのですが、仕方ないからこそ寂寥感の残る、現実的な結末など、著者らしい感じがしました。
何より、古代の日本の暮らしが、中央集権国家に飲み込まれて、変らざるを得なくなっていく、そこらあたりの感じがとても面白かった。

大化の改新後、まだ稲作もやっていない、世間から取り残されたような山深い小さなムラへ、とうとう中央の力が及んでくる、という設定です。
自然と共存してきたけれども、既に山のカミは恐ろしいものと思われている、獣や木々と交わって豊かに暮らしていた日々からは遠く、一部の特殊な人にしか、カミの心を感じることはできない、そういうムラが舞台なのです。

自然や万物との"絆"である、巫女、月の森のカミ、そしてそのカミを封じようと中央から派遣されてきた、もう一人の"絆"の、オニ。
この3人の若者を軸に、話は展開します。
若者たちは、その成長とともに、自らの定めを意識していくけれども、人の社会から孤立する寂しさも味わう。人は群れていないと生きていけない運命だと仄めかされていると思うのですが、そうだからこそ、自然との共存はどんどん難しくなってゆくのですよね。

本書から5年後に、「精霊の守り人」が書かれていますけれど、この2冊は、話が違うからという意味ではなく、小説としてけっこうテイストが違うように思いました。
守り人の"ぐわわー"のノリで、日本の古代を舞台に書いたものが読んでみたい、とわがままな読者は思っております。

月の森に、カミよ眠れ (偕成社文庫)月の森に、カミよ眠れ (偕成社文庫)
上橋 菜穂子

偕成社 2000-10
売り上げランキング : 4334
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:上橋菜穂子

2008年09月24日

「楊家将」

北方謙三の中国歴史もの、初めて読んでみました。
さすがは、ハードボイルドで人気を博したプロだ!、という面白い活劇に仕上がっていました。

10世紀末の中国、北漢の軍閥であった楊業が、宋に帰順し、北の大国、遼と戦う様を描いたものです。
伝説の英雄である、楊業とその7人の息子たちが、武家としての気概を守りつつ、熱い闘いを繰り広げます。"熱い闘い"という言葉を使いたくなるような物語なのです。

大きな歴史の流れや、時代の背景など、そういった面倒なことは忘れて、戦う男たちへの賛歌だと思って楽しんで読むのが良いと思います。史実が元になってはいるけれど、これは北方節なのですね。
戦いのシーンは気持ちよく、馬の駆け抜ける音が聞こえてくるようでした。

楊家将〈上〉 (PHP文庫) (PHP文庫)楊家将〈上〉 (PHP文庫) (PHP文庫)
北方 謙三

PHP研究所 2006-07-04
売り上げランキング : 3130
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 八朔 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」

"ローラ・リップマン"という名前が、なぜか気になっていて、読んでみたくてわくわく!という状態でした。
だけど、以前読んでいた。それで、覚えていなかった。

本書は、アンソニー賞、バリー賞受賞作品です。私はアンソニー賞はけっこう面白い作品が多いという印象を持っていたので、正直なところ、なぜ?と思わずにいられなかった。
で、検索してみたところ、やはりこの人の受賞歴は輝かしいのです。アンソニー賞自体はファンが集うお祭り的要素があるようなので、私の好みじゃなかった、というだけのことなのかも。

この「あの日、少女たちは赤ん坊を殺した」は、11歳のふたりの少女が、パーティを追い出されるシーンから始まります。
なぜ追い出されたのか、ふたりは地域や学校でどんな位置にあるのかが語られ、7年後の現在へ、なぜ彼女たちは赤ん坊を殺したのかと話が繋がっていきます。

原題は「Every Secret Thing」。
そのタイトルどおり、各登場人物の心象風景が細かく書き込まれ、社会の病質のようなものが浮き上がってきます。しかし、この書き込まれた心象がけっこうかったるかった。
過去の少女たちによる殺人事件と、現在の幼児誘拐事件が絡み、刑事、弁護士、被害者の母親など、いろんな人がそれぞれ秘密を持って登場、しかしどこか散漫なのです。
普通の人々の暗部をえぐるような深さも感じられず、事件の展開も、少女たちが赤ん坊を殺した動機も経緯も消化不良という感じを受けました。

登場する女性たちに、共感できるかどうかが鍵なのかも知れません。
著者の代表作であるテス・シリーズを読んだら、少しは印象が変るかな?
今のところ、勇気がでませんが。

あの日、少女たちは赤ん坊を殺した (ハヤカワ・ミステリ文庫)あの日、少女たちは赤ん坊を殺した (ハヤカワ・ミステリ文庫)
Laura Lippman 吉澤 康子

早川書房 2005-10
売り上げランキング : 349399
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「奇跡のごはん」

単なる闘病記でもなければ、食事療法の本でもない、非常に元気の出る、"食の可能性"を感じさせる本でした。

16歳で難病「結節性動脈周囲炎」を宣告された著者は、母親の作る独特の食事によって奇跡的に社会復帰を果たします。
弱い腎臓を助けるために、負担の大きいたんぱく質はほとんど食べられない。そこで母親は"お肉はお出汁"と考え、お肉の風味だけはある食事を考えるなど、本来なら食べ盛りである子供のために、独特の食事を作り続けます。

タイトルに「奇跡の」とあるけれど、食事と言うものがこんなに"効く"のかと驚きの事実を見せてくれます。それだけでも充分インパクトがありますが、本領発揮はその後。
この本が、闘病記、食事療法記に終わっていないのは、そうやって社会へ復帰した著者が、どう生きていくか、なのです。
このびっくりするような全力投球の姿は、病気の話を抜きにしても本ができそうです。難病を抱えつつ、夢を実現させ、結婚をし、と言葉にすると簡単ですが、社会復帰ができても、闘病は続いているわけですから、そのパワフルさには脱帽です。

食事に真剣に向き合うのは大切だけど、楽しくないと辛いし、難しいと嫌になるし、などと言うのは健康な人の甘えだと、病気と戦っている人は感じるのではないかと思っていました。
だけど、彼女はそういう方向ではなく、若くて料理の苦手な女性が楽しめるようなレシピを作り出したりと、愛に満ちた明るい方向なのです。
この本はいろんな意味での、奇跡のごはんを書いた本だと思います。

奇跡のごはん奇跡のごはん
宮成 なみ

東洋経済新報社 2007-08
売り上げランキング : 113350
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by 八朔 | Comment(0) | TrackBack(0) | 身体・健康など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

「昨日の戦地から」 米軍日本語将校が見た終戦直後のアジア

太平洋戦争終結直後、アジアに駐留する若い米軍日本語将校たちが、体験を伝え合った書簡集です。

この手紙のやりとりは、自然発生したものではなく、彼らが意識的に始めたものだと、ドナルド・キーンによる"はじめに"に書かれています。その思いつきもさすがですが、彼らの聡明さにも驚かされました。
書かれたのは、1945年8月から翌年2月。
書いたのは、日本に造詣の深い若い将校たち。

まさに終戦直後の日本人が、どんな風で、何を考えていたのか、それを見て、日本をよく知る米国の若者たちがどう感じ、何を考えたのか、とても興味深かった。友だちへの手紙という形なので、自然な雰囲気ですが、意識的に体験を綴られているだけに、非常に冷静です。

書き手たちは、親日感を持ちながらも、アジアでの蛮行に失望したりつつ、当時、世界中から憎まれていた日本を、社会や文化の比較という視点から、客観的に見ています。
この書き手たちは、キーンはじめ、その後みな一流の活躍をしており、そんな人物の若き日の体験としても、さもありなん!と唸りたくなりました。

昨日の戦地から―米軍日本語将校が見た終戦直後のアジア昨日の戦地から―米軍日本語将校が見た終戦直後のアジア
ドナルド キーン Donald Keene 松宮 史朗

中央公論新社 2006-07
売り上げランキング : 331450
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2008年09月21日

「冬そして夜」

S.J.ローザンの、リディア・チン&ビル・スミスシリーズ最新作です。
実は、著者もシリーズのことも全く知らなかったんですが、二作目の「ピアノソナタ」を手にとったら、そこから全作を一気に読み倒してしまいました。

何と言っても、主人公の一人であるビルが良いです。そして、リディアの属するNYのチャイナタウンの、活気や風習、人々の考え方などがとても面白い。最初は、著者は中国系かと思ったりしましたけど、そんなこともないのですね。よく描かれていてびっくりです。

リディアとビルが、一作ごとに交互に活躍するこのシリーズ、今回はビルの番です。ビル番の作品は、重厚かつ繊細なテイストですが、本書はシリーズ中でも読み応えがありました。

ワレンズタウンという、高校のアメフト部を誇りとする小さな街が舞台です。
アメフト人気は、アメリカ人以外にはわかりにくいほどの沸騰振りだと思うのですが、その異常な人気が街の体質を歪め、子供たちにのしかかる・・・。要するに、アメフト選手や関係者は犯罪さえも許され、それ以外の体育会系でない生徒は、息を殺して身を潜めているような状態なのです。
まさかと思うような街の在り方ですが、コロンバイン高校の銃乱射事件も、そういった体育会系生徒によるいじめが本質にあるのだと、あとがきに出ていて、ぎょっとしました。

そういうアメフトの街と、そこに住む、長く音信不通だったビルの妹家族、ビルの悲惨な生い立ち、それらが相まって、切実さが読ませました。事件そのものは解決しても、ワレンズタウンが抱える問題、家族の問題は、そう簡単に解決できるものではない。それをそのまま放り出しているかのような結末は、かえって現実的です。

冬そして夜 (創元推理文庫 M ロ 3-8)冬そして夜 (創元推理文庫 M ロ 3-8)
直良 和美

東京創元社 2008-06
売り上げランキング : 76381
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

陰陽師 「滝夜叉姫」

初めて「陰陽師」の原作を読んでみました。
漫画版が好きだったんですが、後半、独自の解釈へ流れていくので、原作はどういう展開なのだろうと気になっていたのです。が、展開というよりは、「ここちよいマンネリ」という状態なのかな?

それにしても岡野漫画は、この小説の持つ雰囲気を、びっくりするほど正確に伝えていたのですね。話の筋がきっちり同じなのはまだわかるとしても、漂う空気に違和感が感じられないのは驚きでした。

「滝夜叉姫」は、平将門の乱が題材になっています。
漫画版でも面白かったのは、こういう歴史の中の伝説がうまく取り入れられている部分。上下巻の長編なので、伏線からプロットまでしっかり組み立てられていて、歴史怪異ミステリとでも言う感じです。
楽しめました。

陰陽師 瀧夜叉姫 (上)陰陽師 瀧夜叉姫 (上)
夢枕 獏

文藝春秋 2005-09-28
売り上げランキング : 94655
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:夢枕獏
posted by 八朔 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

「タンゴステップ」

ヘニング・マンケルの、ヴァランダー警部ものじゃないミステリです。ナチスを題材にしている本書が、ドイツでベストセラーになったという解説に惹かれて購入。

ナチス戦犯を、イギリス人の処刑執行人が処刑するシーンから始まります。
ナチスについて、"人の心に潜む狂気は、他の国で発現していてもおかしくなかった"という、深く恐ろしい洞察が語られた後、スウェーデンの森で斬殺された、元刑事の操作へと話が進んで行きます。

これはミステリで、犯人探しも最後まで緊張感を強いられる面白さですが、読みどころはやはり、ナチスの狂気を過去と現代の両方で暴いている部分だと思います。ヨーロッパの人々は、ドイツ人でなくても、この狂気に関して長年考え、見つめ続けてきたのだろうと感じました。
本書にはナチに志願するスウェーデン人兵士が出てきますが、第二次大戦中、スウェーデンは中立国だったけれど、ナチ信奉者もまた多くいたのですね。一方で、スウェーデンのシンドラーと呼ばれるワレンバーグなどもいるわけですが。

マンケルの小説は、スウェーデンとその他の国々との係わりが背景にあって、やはりそこが面白い。スウェーデンに対する興味が、どんどん膨らんできました。

タンゴステップ 下 (3) (創元推理文庫 M マ 13-8)
タンゴステップ 下 (3) (創元推理文庫 M マ 13-8)柳沢 由実子

おすすめ平均
stars安心して読めます。次回はシリーズ再開を!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2008年09月17日

「狐笛のかなた」

「守り人」シリーズで人気の上橋菜穂子、初めて読んだのがこの本でした。
いや〜、面白かった!

人の心が聞こえてしまう少女と、呪者によって命を縛られ、穢れた仕事に使われるしか生きる術のない"霊孤"が、お互いのために命を懸ける、その悲しくて美しいさまには心を揺さぶられました。
戦国の世を思わせる背景に霊力が絡み、今の時代ではどうやってもピンと来ない「宿命」のようなものが主人公たちに重くのしかかります。
けなげな"野火"の描かれ方には脱帽です。細かい描写に、孤独で淋しい野火の痛ましさがよく出ていて、涙なしには読めませんでした。

著者の作品には、色々な立場の人が、その立場ゆえの選択や戦いに身を投じる様子がよく出てきますが、そこに悪意や憎しみはあまりなく、置かれた立場を全うすべく生きているだけなのだとわかるように描かれているのですよね。そこらあたりが、とても好きなのです。

実はファンタジーや子供向けの本は食わず嫌いしてました。
考えてみれば、子供向けの本は、相手が子供なだけに虚飾がなくて気持ち良い。質が高いと、ほんとに「良書」と呼べるものが並ぶわけですね。それに気付けてよかった。

狐笛のかなた (新潮文庫)
狐笛のかなた (新潮文庫)上橋 菜穂子

おすすめ平均
stars読み始めたらとまらない。
stars夢中で読みました
starsこれぞファンタジー!!
stars切ないラスト
stars剣と魔法のファンタジーの王道

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2008年09月16日

「果断」 隠蔽捜査2

売れてるようだと、ついつい気になる・・・。
というわけで、「果断」と「隠蔽捜査」、読んでみました。
なかなか面白かったです。

勝因は、なんといっても主人公竜崎の造形だと思います。
警察官僚の、"たてまえ"が、そのまんま"本音"でもある男。
こんなまっすぐさを、エリートに持たせ、正義や信念で行動させる。

その姿は最初かなり奇妙に映るけれども、読んでいるうちに、だんだん彼のことを好きになっていくんですよね。
そして、彼の正義の通し方に胸のすく思いがする。

事件や警察組織の持つ重苦しさを、そういう方法ですっとばしてくれて、痛快でした。
普通は権力の前に正論はぶち破られて、悔しい思いをして、なにくそ、となるんだと思います。
けれど、権力を持つ人が奇異なまでに正論を吐くという面白さ。
こういうの思いついてくれたおかげで、楽しむことができました。

協力して事件にあたるそれぞれの登場人物も、うまく描かれていて薄さは感じませんでした。事件の謎云々よりも、人を描く作家なのだと思いました。

果断―隠蔽捜査2
果断―隠蔽捜査2今野 敏

おすすめ平均
starsまだ終わってくれるな・・・
starsいい本だ…
starsすばらしくよくできた警察小説
stars一気読みする面白さ
starsこのシリーズ、続いて欲しい!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

隠蔽捜査 (新潮文庫 こ 42-3)
隠蔽捜査 (新潮文庫 こ 42-3)今野 敏

おすすめ平均
stars隠蔽捜査2から読み直し
stars題名に偽りあり、だけどね
stars読む手が止まらなかった
stars面白いけど、安易なテレビドラマレベル
stars読後感さわやか

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「シャドウ・ダイバー」 深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち

沈没船に潜り、冒険の証を持ち帰るレック・ダイバーたちがUボートを発見し、その謎を解明するまでのノンフィクションです。

読み応えありました。思わぬ面白さでした。
まずレック・ダイビングに関する詳しい記述が面白い。
素人でも、無理なくレック・ダイビングがどういうものなのか理解できます。そしてダイバーたちの生い立ちや、野望、確執など、彼らの世界をしっかりと見せてくれます。

その上でUボートなのです。
すっかりレック・ダイビングに馴染んだところで、公式記録の出てこない、謎のUボート調査が始まります。
なぜ記録がないのか、そこらあたりは読んでいただくしかないですが、調査をするダイバーの執念や信念は感動的です。

Uボート乗組員についても綿密に取材されており、第二次世界大戦当時のエピソードや写真で、最後には、生きた彼らに接することになります。
ここまで書いてくれたら満足!というところまで書かれていて、厚みのあるノンフィクションでした。

シャドウ・ダイバー 深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち
シャドウ・ダイバー 深海に眠るUボートの謎を解き明かした男たち上野 元美

おすすめ平均
stars限りなく最高に近いノンフィクション
stars人の限界に挑んだ男達の物語
stars海底を元にしたアドベンチャー
stars男のロマンの裏側
stars読み終えるのが惜しくなる

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。