2009年12月20日

「庭木の自然風剪定」

こんな本を探していたんだ!という本でした。
雑木に魅力を感じる人は増えていると思うので、この本の目立たなさ(目立たないと思うのです)がもったいない。私はたまたま図書館で見つけました。

単純だけど永遠の課題、"どの枝を切って、どの枝を残すのか?"が、図解でわかりやすく載っています。読んだらすぐにも剪定したくなります。
樹形ごと庭木を分け、剪定のコツのようなものが凝縮して書いてある感じでしょうか。わしわし育って困るような株立ちの低木など、ああ、そうかと。

実用的なのですが、著者の感覚や考え方にも共感でき、なかなかお気に入りの本となりました。

庭木の自然風剪定庭木の自然風剪定

農山漁村文化協会 2001-03
売り上げランキング : 71158
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:峰岸正樹

2009年12月11日

「堆肥のつくり方・使い方 − 原理から実際まで」

とてもとても参考になりました。
堆肥、ボカシ、土壌改良剤などなど、使ったり耳にしたりしていても、ぼんやりとしか理解していない、というのが現状でした。
この本を読んだから今日からバッチリ!とまでは言えない(これは私の個人的な問題で、本書の問題ではありません)けれど、もっと早く読むべきでした。

データも多くて写真も入っているし、構成自体、"わかりやすさ"を重視している印象です。
何でもそうですが、あまり突っ込むと専門的になりすぎて理解できない。かといって誰でも簡単にできるシリーズでは、知りたいことはわからない。そういう意味で、この本はよくできていると思います。

堆肥の水分量を測るのに、手で握ってみる方法がありますが、本書には、水分量50%だとこのくらい、55%だとこのくらい、というように写真入りで紹介されています。言葉だけよりも感覚的に理解できるので、親切だなぁと。
その他、堆肥作りの失敗例と原因、対策なども表になって載っています。

堆肥のつくり方・使い方―原理から実際まで堆肥のつくり方・使い方―原理から実際まで

農山漁村文化協会 2003-04
売り上げランキング : 81177
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「それでも警官は微笑う」

ロングセラーで、何冊も続篇が出ていると言うので、つい読んでしまいました。面白くなかったとまでは言えないんだけど、心に残る作品ではありませんでした。

どちらかと言うと、テレビドラマのような感じに思えたかな。
小説特有の濃さや背景、心理などを楽しみたい方にはあまりおすすめしませんが、軽くパパッと楽しむには悪くないのかも知れません。

無骨な刑事とお坊ちゃん刑事、元は学者を目指していた麻薬取締官、などなど登場人物は凝っています。
無骨な刑事の無骨さ、お坊ちゃん刑事のお坊ちゃんさ加減も、それぞれに面白くないとは言わないけれど、どうも薄い。コメディタッチの良さもあるけれど、笑いが効いてくるほどには過去の悲しみが生かされていないような印象でした。
個人的には、無骨な刑事が、無骨なだけで有能に思えなかった。

それでも、警官は微笑う (講談社文庫)それでも、警官は微笑う (講談社文庫)

講談社 2006-07-12
売り上げランキング : 158557
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:日明恩

「罪深き海辺」

さすがはベテラン!という面白さでした。
ヒーローも舞台設定も、いつもとちょっと違うな、という感じ。
最初の数章では、謎や小競り合いは出てくるものの、事件らしい事件は起こりません。どちらかと言うと長閑な雰囲気ですすむのです。

それでも、引っかかることも飽きることも、面白いのかな?と不安になることもなく、どんどん読ませられてしまう。
なんでもない場面でも面白く読めるのですから、さすがは大沢在昌なのだと実感でした。

主人公も、肩に力が入っていないタイプで良い感じです。
この人をメインにした話、これからも続くのかな?とちょっと期待してしまう。
話も面白いですが、読後感も爽やかです。

罪深き海辺罪深き海辺

毎日新聞社 2009-07-23
売り上げランキング : 43947
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:大沢在昌

「花紋」

山崎豊子も女性なのだなぁと、びっくりしつつ当たり前のことを感じた一冊でした。著者の作品の中では異色だと思います。

大正歌壇に短い期間だけ登場し、消息を絶った謎の多い美貌女性歌人の、宿命的な半生をたどったものです。
何から何まで激しく、濃い話でした。情熱、苦悶、因襲、憎しみ・・・。
何がと言って、主要登場人物の生き様そのものがすごいのです。創作とは言え、大正時代にはこういう心のあり方もあったのかも知れないと思うと、唸りたくなりました。

主人公は著者の創作で、実在の人物ではありません。こういう人物を作り上げ、ある種すれ違いドラマ的な筋に、大正時代の旧家のあり様や人々の愛憎を絡めるという、私が著者に持っていた印象とはだいぶ違う作品でした。
しかしそこは山崎豊子ですから、時代色は濃厚で記述は重厚。
好みから行けば、他の作品の方が好きですが、これはこれで充分楽しめました。

花紋 (新潮文庫 (や-5-7))花紋 (新潮文庫 (や-5-7))

新潮社 1974-08
売り上げランキング : 206257
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:山崎豊子
posted by 八朔 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。