2008年10月29日

「ブルー・ヘブン」

ワイオミングの猟区管理官"ジョー・ピケット"シリーズを書いた著者の単発ものです。
今回は、ノース・アイダホの老カウボーイが主人公。
西部劇やカウボーイには、私は特に興味はないんですが、その魅力がどこにあるのか、ちょっとだけわかったような気がしました。

ブルー・ヘブンと呼ばれる、アイダホ州北部の美しい小さな町。
12歳と10歳の子供が森で殺人を目撃し、追われるはめに。犯人はLAから来た引退後の警官たちで、保安官に取り入り、事件をコントロールしはじめる。

ずんずん読めるし、老カウボーイも渋いです。
けれど、私にはもうひとつだったかなぁ。
この著者に期待していたのは、人間同士の争う姿ではなく、自然との係わり方なんだと、改めて認識しました。
本書は、老カウボーイの生き様が事件の解決と重なっているので、そういうものに共感できるかどうかが鍵なのかも知れません。確かに、主人公のジェスは魅力的で、古く頑固だけれど、大自然と同じで、なくなって欲しくないと思わせるものがあります。

著者は敢えて人間を深く掘り下げずに、面白い娯楽小説に仕立てているような感じがあって、面白いんだけどもったいない、と感じてしまうのです。娯楽小説だから、それでいいんだろうし、確かに人を描きつつ事件も進んでいて、バランスの良い小説だとは思うんですが。

ブルー・ヘヴン (ハヤカワ・ミステリ文庫 ホ 12-1) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ホ 12-1)ブルー・ヘヴン (ハヤカワ・ミステリ文庫 ホ 12-1) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ホ 12-1)
真崎 義博

早川書房 2008-08-22
売り上げランキング : 19824
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。