2009年09月21日

「『左利き』は天才? 利き手をめぐる脳と進化の謎」

なぜ左利きと右利きがいるのか?というのは、気になる人が多いんじゃないかと思いますが、本書を読んでも答えはわかりません。
要するに、まだ解明されていない、ということのようです。
サブタイトルに、"脳と進化の謎"とあるので、脳科学的な解答を期待してしまいますが、正直なところ、そういうワクワク感の味わえる本ではありませんでした。

本書は、左利きである著者があちこち旅をし、利き手をめぐる謎を追う、という内容です。
目次を見ると、「左利きの歴史」、「脳の仕組みと利き手」、「左利きは遺伝するのか?」等々、非常に興味深い章立てになっているのですが、エッセイ風なので、旅程などまで出てきて、ちょっと散漫な印象です。

それでも、右利きか左利きか、というよりは、極端な片手利きか両手使いに分ける方が適切だ、と言う解釈が出てきて、そこは新鮮でした。私は自分が右利きなのか左利きなのかよくわからないので、なんだかすっきりしました。

一番興味深かったのは、西洋での左利きの扱われ方です。
日本やインドでは、文化的に左利きは良くないものとされているのは知っていましたが、西洋でも忌み嫌われていたとは知りませんでした。
その辺の雑学的な部分は楽しめました。
知らなかった左利きに関する薀蓄を読むぐらいの気持ちだったら、それなりに楽しめるかも知れません。

「左利き」は天才?―利き手をめぐる脳と進化の謎「左利き」は天才?―利き手をめぐる脳と進化の謎
David Wolman

日本経済新聞社 2006-07
売り上げランキング : 240297
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。