2009年10月05日

「凍てついた墓碑銘」

うーん・・・。
"昼メロ"のような小説でした。
ロマンス小説は読まないのでよくわかりませんが、恋愛小説としても、ミステリとしても、もうひとつ、いやふたつ?な感じでした。

顔見知りばかりの田舎町で起こる殺人と、処理に当たった大人たちの不可解な行動、直後に起こる10代の若者の出奔。
この謎にはひっぱられるのですが、あまり意外でない結末。

最後に起こる殺人は、読者にはわかるけれど、登場人物がその詳細を知るには、かなりな捜査が行われた後だろうと思われる状態。
登場人物にも魅力を感じませんでした。

斜め読みで内容はわかるので、登場人物の、さして深みの無い心理描写をわざわざ読まなくても、伏線らしいものもなく。
そんなわけで、ガッツリとミステリが読みたい方にはおすすめできないかな〜。

凍てついた墓碑銘(ハヤカワ・ミステリ文庫)凍てついた墓碑銘(ハヤカワ・ミステリ文庫)
宇佐川晶子

早川書房 2009-06-25
売り上げランキング : 3196
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。