2009年12月11日

「罪深き海辺」

さすがはベテラン!という面白さでした。
ヒーローも舞台設定も、いつもとちょっと違うな、という感じ。
最初の数章では、謎や小競り合いは出てくるものの、事件らしい事件は起こりません。どちらかと言うと長閑な雰囲気ですすむのです。

それでも、引っかかることも飽きることも、面白いのかな?と不安になることもなく、どんどん読ませられてしまう。
なんでもない場面でも面白く読めるのですから、さすがは大沢在昌なのだと実感でした。

主人公も、肩に力が入っていないタイプで良い感じです。
この人をメインにした話、これからも続くのかな?とちょっと期待してしまう。
話も面白いですが、読後感も爽やかです。

罪深き海辺罪深き海辺

毎日新聞社 2009-07-23
売り上げランキング : 43947
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:大沢在昌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135279609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。