2010年01月16日

「スカーペッタ」

"検屍官シリーズ"最新刊、やっぱり買ってしまいました。
前巻やその前の巻ほどは悪くなかったような。
それでも、シリーズ前半のような面白さは感じられなくて残念でした。
翻訳が変わっているのはなぜだろう?
今回の訳者も好きですが、前の訳者に特に不満はなかったし、好きでもあったので微妙に残念。

今回のケイ・スカーペッタは、なんだか今までと違う人物のような印象が残りました。少し前から妙におとなしめになっているけれど、今回もあまり存在感がないのです。全作同様、スカーペッタ自身が"戦う"シーンがないからでしょうか。
著者の得意とする(と私は勝手に思っている)人と人との、欲や愛憎の絡んだ打々発止の展開もあまりなく、もちろんそこにスカーペッタは登場せず、このシリーズらしさは「登場人物が同じだから」、ぐらいしか感じられませんでした。
彼らがまたよりをもどして(?)一緒に事件にあたるところは、大いに安心もし、ファンとしては嬉しいのだけれど。

スカーペッタ〈上〉 (講談社文庫)スカーペッタ〈上〉 (講談社文庫)
Patricia Cornwell

講談社 2009-12-15
売り上げランキング : 187
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。