2010年01月25日

「古今東西 − 陶磁器の修理うけおいます」

金継ぎの本を選んでいて、ふと手に取った本書、拾い物でした。
実際に骨董が趣味で、どうしても金継ぎを習いたいと切磋琢磨し、とうとう生業にしてしまった著者の、骨董との出会いから開業までが、軽妙な語り口で綴られています。

骨董や金継ぎに興味がなくても面白く読めると思います。
私のような、全くこの世界のことは無知だけれども、少し事情を知りたい、という者の入り口としては、なかなかバッチリな本でした。
面白おかしく語られるエピソードを読み進むうち、金継ぎの世界がどんな風なのか、すんなりと入ってくるのです。
また、西洋と日本との、陶磁器に対する感覚の違い、そこから来る修理方法の違い、ちょっとした豆知識など、雑学的興味も満たされます。
パワフルな著者の、金継ぎへの熱い思いを感じつつ、楽しく有意義な読書となりました。

古今東西―陶磁器の修理うけおいます古今東西―陶磁器の修理うけおいます
金子 しずか

中央公論新社 2002-04
売り上げランキング : 98168
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:甲斐美都里
posted by 八朔 | Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ・対談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139265917
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。