2010年03月14日

「ハチはなぜ大量死したのか」

ミツバチの、大量死(大量失踪)の謎を追うノンフィクションです。
が、謎解きにとどまらない面白さでした。
行き着く先が非常に興味深いのです。

まず、養蜂家がハチの大量失踪に気付くところで幕が上がります。
その後、日ごろ私たちが、どんなにミツバチにお世話になってるかを知り、ミツバチの生態を知り、人に利用されるようになったハチたちの様子、利用する商業養蜂の様子など、順を追って知ることになります。
そして、ありとあらゆる"犯人"が出てくるものの、決定的な証拠は挙がらない。

けれど、ミステリ小説ではありませんから、オチは要らないのです。謎を追うことから、人間の営みを振り返り、掘り起こして辿り着くのは、今の世の中のイビツさ。
バランスや多様性は、環境問題を考える上で大切な要素だと思いますが、私たちが便利に効率よく生きるために、今までなしてきたこと・・・、それを思うと、ちょっと背筋が寒くなる。そんな内容の本なのです。

ミツバチ、私は蜂蜜とかプロポリスとか、そういう生産物しか連想しなかったのですが、受粉という大きな仕事があったのですね。そして、勤勉なミツバチがいなければ立ち行かない農業のあり方が、現代農業の姿でもあるのですね。
正直なところ、受粉作業をハチに頼っている生産形態があること自体、私には驚きでした。人工授粉してるんだろうぐらいに思ってた。
ハチでなければならない理由があるからハチなのですが、自然の摂理に逆らった方法を、自然界で生きる物に頼っている。そこに生じたゆがみは、一見問題ないように見えていても、実は根が深いのだと、本書を読み進みつつ、じわじわと感じることになりました。

環境問題を経済という視点で見ると、対症療法的な解決策では片付かない、根深い問題が見えてきます。
大規模農業の問題については、丸元淑生さん著の「何を食べるべきか」にも出てきますが、ハチに限らず、世界全体で起こっていることは、経済効率を優先させるために無視してきた、または気付かなかったあれやこれやが、臨界点に達しているということなんでしょうか?

原題は「Fruitless Fall」。「実りなき秋」ですが、これはきっと、わざとカーソンの「沈黙の春」を意識してつけられたのでしょうね。

ハチはなぜ大量死したのかハチはなぜ大量死したのか
中里 京子

文藝春秋 2009-01-27
売り上げランキング : 6854
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143620854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。