2010年03月23日

「獣の奏者」− (3)探求編・(4)完結編

続巻が出ていたとは知りませんでした。
この世界を知ってしまったからには、これは読まずにおれません。

確かに、その後エリンたちはどうしているんだろう?と気になっていたけれど、話としては2巻までで見事に完結していたのですよね。
そういう意味では、この後発の(3)と(4)は微妙な感じがあります。
まぁ、好みから行けば、断然前半2冊の方が好きだったかな。
それでもこの世界の住人としては、充分に楽しませていただきました。

母になったエリンと家族の愛、兵器として用いられる野生動物と、軍事的抑止力の在り方、また国の在り方など、テーマは深いところに突き刺さっています。
テーマの深さを思うと、続篇2巻で終わらせるより、もっと少しずつの発表でいいから、じっくり書き込んで欲しかった。

大人でも楽しめる内容だけど、これは括りで言えば児童文学なのですよね。だとすれば、子供たちが読んで考えるには、非常に有意義だろうなぁなどと思いました。
「国」と言うものは、なんだか捉えにくいように思うし、その国と国とが争う理由や争い方などを、客観的に視て考えるという経験ができるのは、非常に良いことではないかと。
自分自身を振り返ると、なんだかボーっと過ごしてたなぁと思わざるを得ませんが・・・。

獣の奏者 (3)探求編獣の奏者 (3)探求編

講談社 2009-08-11
売り上げランキング : 690
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

獣の奏者 (4)完結編獣の奏者 (4)完結編

講談社 2009-08-11
売り上げランキング : 643
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
タグ:上橋菜穂子
この記事へのコメント
八朔様、お久しぶりです。
獣の奏者、外伝的新刊が出たようですー。
「刹那」だそうです。
わんたはまだ未読なんですが。

相変わらず重い内容の模様。。。
(書店勤務友人談
 それについては面白いエピソードがあって、
 爆笑を誘う内容なんですが、
 雰囲気ぶち壊しなんで黙っておきます。。。)
Posted by わんた at 2010年09月14日 06:49
■わんたさん、

なんちゅう遅いレス!!
ごめんなさーい!
どうぞムチで打ってくださいまし・・・(うそ)。

外伝みたいのが出たんですね。うほほ^^。
ちょっと探してみます。
読んでみたら、その爆笑エピソード、想像つくかしら?(笑)
Posted by 八朔 at 2010年11月07日 12:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144414369
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。