2007年12月30日

「コフィン・ダンサー」

このところ、ミステリ纏め読み、とでも言う状態でした。
ひとつは、ジェフリー・ディーヴァーの「ライムもの」。
このシリーズは、はずれを覚悟しつつも、やはり出たら読んでしまいそうです。

「ボーン・コレクター」を映画で見ているので、どうしてもデンゼル・ワシントンが思い浮かぶけど、個人的には、ライム役に彼は、ちょっと違うかな〜と。
あえて言うなら、マイケル・ダグラスかなぁ??
彼なら、ガミガミ怒っても、またかと思って許せるような気がするんですけど・・・。

身体が不自由だからというよりは、もともと性格に問題ありと思われる、ちょっと扱いにくいライムという主人公は、非常に面白い設定だと思いました。
その上、弟子は、血が滲むほど頭をかきむしり、爪を噛み千切る美女という、不安定な人間。映画を観たときに、なぜアンジェリーナ・ジョリーなのかと思ったけど、もともと美人の設定だったのですね。
ちょっとあざとい設定かなという気もしますが、面白いのでオッケーです。

鑑識作業の詳細、ストーリーの面白さ、どんでん返し、登場人物の濃さ。
売れてる人はやっぱりうまい。面白いです。

コフィン・ダンサー〈上〉 (文春文庫)
コフィン・ダンサー〈上〉 (文春文庫)Jeffery Deaver 池田 真紀子

おすすめ平均
stars今から読んでも遅くないリンカーン・ライム・シリーズ
stars一作目より大衆向けか
stars最後の100ページくらいからすごい
starsでんどん返し♪
starsライムVS‘コフィン・ダンサー’のスリルに満ちた対決

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/75503974

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。