2008年01月06日

「The Overlook」

マイクル・コナリーの書評をアマゾンで見ていると、原書も英語が平明だと言う記述が多いので、読んでみました。
確かに!
ハリー・ポッター以外でも読めるものがあった(笑)。

まだ原書で読んだのはこの1冊だけですが、話の面白さにも引きずられて、あっという間の読書でした。緻密な調査や証拠が必須の警察小説で、しかも主人公は複雑な心をもてあましているような人物。それが平明な英語で書かれているとはなんだか意外。
きっと、英語が母国語でないたくさんの人たちが楽めるものが、アメリカでは必要なのでしょうね。

「The Overlook」は、ボッシュの「Homiside Special Squad」での最初の事件として幕を開けます。
殺人事件の被害者が、医療用の放射性物質に関わっていたことから、テロリストの関与が疑われ、FBIとの大掛かりな捜査体制が組まれます。
もちろん、ボッシュはFBIとも上層部ともうまくやってます(笑)。

新しいパートナーは、今後の活躍が見たいと思わせる、なかなか気になる存在でした。
面白かったのは、コネでポストを手に入れた無能な警察幹部の描かれ方。ちょっと勘違いしたタフさの表現に笑えました。

The Overlook (Harry Bosch)
The Overlook (Harry Bosch)Michael Connelly

おすすめ平均
stars批評しながら読むとまた違った意味で楽しめる
stars話の展開が単純
starsSolid and Satisfying Bosch

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。